国立民族学博物館博物館
English
国立民族学博物館 日本財団助成手話言語学研究部門(みんぱく手話部門)/ Sign Language Linguistics Research Section (SiLLR)

関連講座

「みんぱくで手話通訳士を目指そう!2018」


チラシダウンロード

みんぱく手話部門では、厚生労働大臣公認手話通訳技能認定試験(以下『手話通訳士試験』とする)「実技試験」突破を目指す方を対象に、3日間の夏期集中講座『みんぱくで手話通訳士を目指そう!』を開講します。初日は課題収録と課題内容の解説を行い、残る2日間は、少人数のグループに分かれて手話通訳者・士養成、手話指導の専門家からの検証を実施します。

  • 開講日:2018年8月11日(土・祝)、8月12日(日)、8月13日(月)
  • 会場:国立民族学博物館・セミナー室(本館2F)
  • 対象者:手話通訳士「実技試験」合格を目指している聴者の方。現に手話通訳として活動中の方(公的資格を取得している必要はありませんが、手話習得段階の学習者の方は除きます)および手話通訳養成校2年目以降の在籍者・卒業生を対象とします。
  • 受講料:30,000円(税込)
  • 募集人数:最大15名

☆受講申し込みに関するご注意☆
※3日間を通しての参加・検証授業6コマの全受講を基本とし、自己都合による間引き受講や遅刻・早退への個別対応(減額、補講など)は行いません。初日の収録への参加は必須です。
※当日申込・会場での受講料現金支払いはできません。受講料の振込方法などの詳細は、受講可否連絡時に個別にお報せいたします。

◆ お申し込みついて(申込締切・受講可否連絡日・入金締切)

お申し込み後、講座に関連する連絡は全てメールで行います。申込の際には、長文・添付ファイルが受け取れるメールアドレスをご記入ください。

申込締切:2018年7月26日(木) 
みんぱくからの受講可否連絡日:2018年7月27日(金)
受講料振込締切:2018年8月2日(木)

申込完了をもって受講決定ではないのでご注意ください。応募者多数の場合、今年度(平成30年度)の手話通訳士試験で「筆記試験免除者」の方、今年度の手話通訳士試験に申込済の方を優先させていただきます。

お申し込みはこちら

◆ 実施内容

開講日 時間 講座内容 講師
8月11日(土・祝) 10:10 - 12:00 聞き取り表現2課題、読み取り口頭2課題の収録  
13:00 - 16:30 手話通訳試験実技試験についてのオリエンテーションおよび各課題の解説 飯泉菜穂子
8月12日(日) 10:30 - 12:00 8月11日に収録した実技課題の検証 外部講師およびみんぱく手話部門教員
13:00 - 14:30 8月11日に収録した実技課題の検証 外部講師およびみんぱく手話部門教員
15:00 - 16:30 8月11日に収録した実技課題の検証 外部講師およびみんぱく手話部門教員
8月13日(月) 10:30 - 12:00 8月11日に収録した実技課題の検証 外部講師およびみんぱく手話部門教員
13:00 - 14:30 8月11日に収録した実技課題の検証 外部講師およびみんぱく手話部門教員
15:00 - 16:30 8月11日に収録した実技課題の検証 外部講師およびみんぱく手話部門教員

◆ 検証講師

  • 市田泰弘(国立障害者リハビリテーションセンター学院)
  • 小林信恵(国立障害者リハビリテーションセンター学院)
  • 澤田利江(国立障害者リハビリテーションセンター学院)
  • 武居渡(国立民族学博物館/金沢大学)
  • 野口岳史(国立障害者リハビリテーションセンター学院)
  • 前川和美(関西学院大学)
  • 飯泉菜穂子(国立民族学博物館:本講座コーディネーター)

◆ お問い合わせ

minpaku.shuwa.mezasu@minpaku.ac.jp